粋な心

私たち日本人の心である着物。今日ではなかなか普段着として着用する機会は減ってしまいました。明治以降、急激に洋装の文化が広まってから、一般庶民の間にもその兆しが広がり始め、今や洋装でいることの方が普通となっています。しかし、着物のよさは今でも脈々と受け継がれていることに変わりはなく、現にお正月や成人式、結婚式などの節目の際やお祭りの際には着用の機会がまだまだ残っています。そんなときに着物を粋に着こなしている方を見かけると、思わず憧れのまなざしで見てしまいます。

このように、着物とは何かしらのイベント時にしか着用しないイメージがありますが、実は私たちの日常にも今なお溶け込んでいるものがあります。半纏です。半纏とは、現代においては部屋の中で着る防寒着の意味合いの方が強いですが、昔は外出着でもあり、着物と併せて着るものでした。半纏には素朴なイメージがありますが、和装がメインであった昔は必ずしも部屋の中だけで着るものではなかったのです。

そんな、私たちの生活の中に昔ながらの風情を残してくれる着物や半纏を、オーダーメイドで作ってもらうのはいかがでしょうか。オーダーで自分のイメージや体型に合わせた仕立てにしてもらったり、またイベントやお祭りに参加する際に特別なものとしてしつらえてもらったり。今でも、これらの和装を楽しむための手段はあり、オーダーメイドも手の届かないものではありません。

ちょっと昔の風情に立ち返って、自分だけのオーダー着物や半纏をまとって日本古来の文化を粋に感じてみるのもいいかもしれません。

おすすめサイト

オリジナル半纏・法被・手ぬぐいのオーダーなら|イソムラ